UIImageをリサイズして返すメソッド

こんにちは、daihaseです。
今日はまた久々にSwiftネタを。

お題にあるUIImageをリサイズして返すメソッドですが、使い道としては、例えばアプリ側で取得した画像をサーバーにアップする際に、通常だと縦横サイズが大きすぎるので容量もデカくなってしまいます。それをリサイズしてからアップしたい、とかですかね。

まずUIImageを拡張したファイルを用意。

ViewController.swiftで、このresizeメソッドを使ってみます。

あらかじめAssets.xcassetsに画像を追加しておくのを忘れずに。

上記を実行すると以下のようになります。

僕のiconが無事表示されました。
12行目のresizeメソッドのwidth、heightに200、300と好きなサイズをセットすれば表示される画像の大きさが変わります。

このサンプルの例だと、UIImageViewのframeを変えてやれば同じような表示のされ方をするので、このメソッドの意味があまりないんですが、実際は冒頭であげたようなサイズ制限のある場所へ画像をアップする処理などを書く必要がある場合に効果が発揮出来るかと思います。

それでは良い開発ライフを〜

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)