AWSを使ったHTTPS化 〜PART2〜

こんにちは、daihaseです。

結構間があいて、前回何書いてたか一瞬記憶がアレでしたが、気を取り直して続きを書いてみました。今回は前回の続き、AWSを使ったサイトのHTTPS化です。

前回記事:AWSを使ったHTTPS化 〜PART1〜

前回はHTTPS化するための簡単な説明・事例、そしてAWS Certificate Managerの紹介までやりましたね。今回は実際にACMを使って証明書の発行をやってみましょう。

ACM (AWS Certificate Manager)

証明書の作成

まずHTTP化するには証明書が必要でしたね。そこでAmazonが提供するサービス、ACMを使ってそちらを無料で取得してみましょう。

aws_1

※あらかじめAWSを登録していることが前提ですのでご注意を

まずAWSにログインし、マネジメントコンソールから「Certificate Manager」を選択ししてください。

aws_1_1

ACMをしたら、次にSSLを利用するためのドメインを指定する画面が表示されるので、あらかじめ独自ドメインを使った自分のHPなどを持っている方は、そのドメインを打ち込んでみましょう。ACMはワイルドカードにも対応しているため、ここではウチの会社ドメインを例にワイルドカードで指定してみました。

入力が終わったら右下の「Review and Request」をクリックし次へ。

aws_2

下記図のように、ドメインの確認と証明書リクエストを送るかどうかの画面が表示されるので、「確認とリクエスト」をクリックしましょう。

aws_3

すると入力したドメインの管理アドレス宛てにAWSから確認のメールが届いているはずなので、そこから確認URLをクリックし確認用サイトへ。表示されている内容に問題なければ「Agree」をクリックしてください。

それらが終わったら、先程のマネジメントコンソールの画面に戻ってみましょう。

aws_4

おおお! ドメインがちゃんと承認され、証明書が発行されてますね!

今回の設定を例にいうとsample.librastudio.co.jp、 excample.librastudio.co.jp、といったサブドメインに対してもSSLで保護されるということです。(Route53で別途サブドメイン周りの設定はありますが)

どうでしょう、お金もかからないですしドメインに対してこのように設定してやるだけで簡単に証明書を発行出来ました。

とりあえず今回は証明書の発行まで。
これだけだと、ただ証明書をもらっただけなので自分のところのサイトはHTTPのままです。実際この証明書を使ってHTTPS化するには、AWSのCloud FrontELBの2通りがあるのですが、ここではELBを使ってやってみたいと思います。

それではまた来週、良い開発ライフを〜

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)