zshの導入

こんにちは、毒きのこってる者です。

何となくこのブログの趣旨しては、個人開発者(仕事以外に趣味でアプリ、Webサービス開発してる人)や、そもそもプログラミングや開発初心者的な人に何かしらお役に立って欲しいというところだったので、毎回何のテーマを書こうか悩むんですが今日はシェルについてちょこっと書こうと思います。

皆さん、シェルは何を使ってますか?
Macですと最初からbashが入っててこれがログインシェル(ターミナルで最初に起動するシェル)になっています。
Gitに続いてまたMac寄りな記事か!って感じですが僕がMacがメインPCでして、そこはご容赦を…

では自分のシェルが何になってるか早速確認してみましょう。

ターミナルの起動

Macだと、「アプリケーション」 -> 「ユーティリティ」 -> 「ターミナル」で起動できますが、ここはせっかくGit記事で入れた「iTerm2」を起動しましょう〜
ターミナルが起動したら、 ps と入力しreturnを。

おお、右下のほうに-bashってありますね。
ちなみにpsというのは稼働中のプロセスを表示するコマンドです。

ここでzshにシェルを変更する前に、そもそもzshってなんだ!?って人もいると思います。
zshが何か、そして何ができるかを書くと1日では書き終わらないので、簡単に一言で言うと

bashやtcshなどのいいとこ取りをしたシェルなんです!

凄いざっくりですが、zshはそれ一つで書籍が出ているくらいなので、詳しく知りたい方は一冊買って勉強してみるのもいいかと思います。

ログインシェルをzshに変更

ではログインシェルは現在bashということはわかったので、そもそも他にどういうシェルがあるかもついでに確認してみましょう。
ターミナルで以下を入力してみてください。

すると、環境によって表示は異なると思いますが以下のようにシェルのリストが出たかと思います。

ちゃんと/bin/zshとありますね。
ではzshにログインシェルを変更するために以下のコマンドを入力してみてください。

入力するとパスワードを聞かれるのでMacにログインする際のパスワードを入力してください。
シェルの変更はターミナルを再起動する必要があるのでexitと打ってターミナルを終了させてください。

再びターミナル(iTerm2ですね)を起動して本当にシェルが切り替わったかpsコマンドを再度打ってみましょう。

おおお、 -zsh に変わってますね!
無事ログインシェルをbashからzshに変更出来ました。

zshの設定ファイルを作成

zshにシェルを切り替えましたが、初期状態では何も設定されていないのでこれといって何が便利なのかわかりません。

ではその設定はどうするか。
それには「.zshrc」というファイルを作成してやる必要があります。

この.zshrcはホームディレクトリに置くので、ターミナルから作成してみましょう。

touchコマンドはファイルのタイムスタンプを変更するコマンドですが、そのファイルがない場合空のファイルを作成します。
これでホームディレクトリに.zshrcが作成されました。

この.zshrcに色々設定内容を書き込めば、ターミナルでzshを使うとき非常に便利になるので、どういった設定を入力すればいいかは、色々ググって見てください。

「オレオレ設定ファイル」的なのをアップしている人も多いので、最初をその中身を丸ごとコピペってもいいかもしれませんね。

スクリーンショット-2016-04-28-11.08.56スクリーンショット-2016-04-28-11.09.32

凝った設定をされてる方なんかはこんな感じにカスタマイズしてるんで、自分だけのカッチョいい設定をしてみましょう。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)