IntelliJ IDEAでNode.js開発環境を構築


こんばんは、毒きのこです。

今日はIntelliJ IDEAでNode.jsの開発環境を構築する手順を、誰かのお役にたてればと思い書かせていただきました。 皆さんNode.js書く時何使ってますかね? WindowsだったらVisual Studioですかね。

MacだったらAtomとかでもサクサク書けるのですが僕はIDEAを買ってしまった勢なのでこちらをなるべく活用したいと思ってます。 非常に優秀なIDEなのでまだ買ってないって方がいたら是非この機会に!

Homebrewのインストール

本題はIDEAへのNode.js環境セットアップなので、ここら辺は簡単に行きます。
MacでNode.jsを管理するにはnodebrewがおすすめなんですが、その前にHomebrewを入れてやらないと行けません。

では下記をターミナルでたたいてインストールしてみましょう。
※ちなみに公式はこちら。


はい、無事インストールが終わったらバージョンも確認してみましょうか。


ターミナルで node -v と叩きます。


バージョンが確認できましたので、次はnodebrewをインストールしてみましょう。


nodebrewインストール

ではHomebrewも入ったことですし、今度はnodebrewをインストールします。
下記をターミナルで入力してみてください。


インストールが完了しましたら、.zshrcにnodebrewのパスを追記します。


設定を再読み込み。


さくさくいきます〜。


Node.jsのインストール

次はNode.jsのインストールです。
一応 nodebrew ls-remote とかやればインストール可能なバージョンとかを確認もできるのですが、ここは安定板(stable)をもう入れちゃいましょうそうしましょう。

インストールしただけでは使えないので、以下のコマンドを入力しセット。


Node.jsも無事インストールが完了しましたね。あとはIDEAにセットするだけです。


IntelliJ IDEAセットアップ

Preferences… -> Plugins -> Install JetBrains Plugin… を選択、「NodeJS」というのがあるのでそちらをインストールします。 インストールが完了すれば再起動を促されるので大人しく再起動しましょう。

これだけだと、まだ補完周りがちゃんときかないので、次はNode.js and NPMを設定してやります。
同じくPreferences… -> Languages & Frameworks -> Node.js and NPM がありますので選択すると、 Node interpreter: という項目があります。 自動的にパスが入力されているはずですが無ければ先ほどの.zshrcに追記したパスを指定してやってください。 (~/.nodebrew/current/bin/node)

その次に、 Core Assistanceの項目に Node.js Core library is enabled. とあるので「Enabled」ボタンを押下し反映させてやりましょう。

スクリーンショット-2016-06-25-19.42.31


はい、簡単でしたね。
自分はNode.jsを使う際はIDEAを使って開発してますが、WindowsのVisual Studioはいかがなんでしょうか!? ちょっと今気になってますがWindowsマシンがないのでまずそっからですね…

では良い開発ライフを(´▽`)

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)