Ubuntu16.04所感


こんばんは、毒きのこです。

最近蒸し暑くなってきましたね。うちはノートパソコン1台での開発がメインなんですがたまにファンが激しくまわっております…。

それはさておき、Ubuntu 16.04 LTSが4月にリリースされましたね。
僕はiOS開発がメインになる以前はLinuxもあれこれ触っていたのですが、ここんところずっとMacだったのでちょっと久々に新鮮さが欲しくサブマシンを購入しました。

それに早速Ubuntu16.04を入れてたのですが(Windows10はいったん消滅…)、

所感としては…

イイ(´▽`)!!

まぁ僕がUbuntuを使っていたのが4,5年くらい前だったのと、インスコしたPC自体のスペックが結構なモノだったのもあって、普通に快適でした。

ただ16.04はネット上でも結構評判が悪いというか基本最新のは色々不具合がつきもので、たとえばWiFiをうまくキャッチしません…。
最初は僕のルーターの調子が悪いのかなとか色々調べたんですが、どうも他の方も同じ症状が出ているとのことで、こればっかりはアップデートを待つしかなさそうです。

あとはUbuntu Softwareで一向にアプリのインストールが終わらない時があったり。

昔はWindowsとLinuxどっちでやろうかって時にどうしてもサーバー開発に関してはLinuxの方がやりやすかったのですが、最近はBash on Ubuntu on WindowsがWindowsに搭載され、普通にbashが使えることからWindowsでのRuby開発などなど、結構Web周りの開発においてもWindowsでもイケる感じになってきました。
(やゔぁい… Windowsの紹介みたいになってきた)

とりあえずさすがに5,6年使っていたMacよりかは今の所使い勝手がいいってほどではありませんが、しばらくこいつを使って遊んでみたいなと思いました(∩╹∀╹∩)
(こういうのにハマってるといつまでも個人開発が滞るという…)

おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告